?身エステ 新宿 痛い

新宿で痩身エステを探している方、多いと思います。 あまりに多くのエステがあって迷いますよね。 当サイトでは独自募集した口コミのアンケートを元にランキングを掲載しています。痛い痩身エステは効果があるから?それとも…?
MENU

痛い痩身エステは効果があるから?それとも…?

痩身エステ 新宿 痛い

 

痩身エステを受けて痛いと感じる人は少なくありません。

 

運動しても落ちにくい脂肪はセルライトになっている可能性が高いです。セルライトは脂肪の塊で、筋肉に絡みつくことで蓄積され続けます。痩身エステでは脂肪融解マシンやマッサージを通して、セルライトを揉みほぐし燃焼されやすい柔らかい脂肪へと変えています。

 

マシンの場合は痛みを抑えるように開発されたものが多いですが、初めて受ける人は痛みを感じる人が多いです。出力を調整して痛くない程度にマシンを扱うことで解決します。マッサージはエステティシャンの力加減で痛みの度合いが変わるため、痛い時ははっきり伝えれば力を弱めてくれます。

 

ただしセルライトには老廃物などが蓄積しており、それを排出するためのマッサージなのである程度の痛みは覚悟しなければなりません。ほとんどの場合で、痩身エステ中に感じる痛みは、通い続ければ軽減されるもので問題ありません。

 

しかし経験の少ないエステティシャンが痩身エステを行うと、体に負担がかかって痛みをもたらすことがあります。脂肪細胞が肥大化すると、血管が圧迫されて血管壁がもろくなります。弱くなった血管壁に、必要以上に強い力でマッサージを行うとたくさんの痛みを感じてしまいます。

 

このケースの痛みは内出血も伴っていることが多く、血管壁から漏れた血漿が蓄積されるとコラーゲン繊維を破壊してしまいます。リンパ液や血液の流れを良くするための痩身エステであっても、間違った方法で行えば体の巡りがさらに悪化します。痛いと感じて内出血ができるほどしっかりマッサージをしたから痩せられると考える人もいますが、実際は痩せるのとは反対で太ってしまいます。血管から漏れた血漿がコラーゲンを破壊すると、体は破壊されたコラーゲンを元に戻そうとします。

 

この時に周りの余計な老廃物や脂肪も集めるため、コラーゲンが再生されると共にセルライトを作ります。セルライトを無くすために受けても、再びセルライトを誕生させているので、内出血になるほど痛い痩身エステは全く効果がありません。

 

安全性の高いエステサロンでは、ハンドマッサージだけでセルライトを解消するメニューは用意していません。専用のマシンで体に負担をかけないで脂肪を溶かし、マッサージで排出を促します。マシンは内出血などの副作用がごくまれにしか起こらないように作られているため、ハンドマッサージより血管壁を傷つける心配が少ないです。

このページの先頭へ